皆さんこんにちは★
朝夕いくらか過ごしやすく感じる今日この頃ですが皆さまいかが
お過ごしでしょうか。

IMG_1447.jpg


ホステル富士山・結では、スタッフを募集しています。

ゲストの80%以上が外国人の方で、世界各国の旅人・ツーリストが
たくさんやって来ます。
日々、様々な人たちとの出会いがあり、毎日が新鮮で貴重な経験が
出来ると思います。
私たちは、ゲストが快適にアットホームのような感覚で過ごせる場所を
提供するために、宿を一緒に盛り上げてくれる下記のようなスタッフを
募集しています!

・明るく元気でゲストに丁寧に接することが出来て、責任感のある方。
・英語力&コミュニケーション力がある方。(ゲストの半数が日本語の
 話せない外国人の方です。英語力だけでなく、対話力も必要となります。)
・英語に興味があり、生きた英語を勉強したい方。

尚、募集スタッフは3タイプです。

①お掃除ヘルパー
仕事内容:主に館内・客室・共用スペースの清掃。
勤務時間:10:00~15:00(実働4時間)(休暇/月8回)
勤務期間:2週間~OK
待遇:フリーアコモデーション(水道・光熱・滞在費込)
*空いている自由時間にアルバイトをしたり、観光に行ってもOKです。

②フロントヘルパー (アルバイト)仕事内容:業務全般(チェックイン・メール&電話対応・館内清掃・観光案内・受付セットアップ&クローズ作業など)
勤務時間:8:00~17:00、12:00~21:00 A,Bシフト交代制
勤務期間:1ヶ月~OK  週1日以上働ける方。
待遇 :時給850円~
条件:日本語・英語が日常会話レベル(ゲストからの質疑応答が対応できる)話せる方。

③フロントスタッフ(常勤)
仕事内容:業務全般(チェックイン・メール&電話対応・館内清掃・観光案内・受付セットアップ&クローズ作業など)
勤務時間:8:00~17:00、12:00~21:00 A,Bシフト交代制
勤務期間:2ヶ月~OK 
待遇 :時給900円~(正社員への登用、社会保険あり)
条件:日本語・英語(ゲストからの質疑応答が対応できる)話せる方

*簡単な筆記試験と英語での質疑応答を面接で行います。
*海外一人旅経験者、旅が好きな方、富士山の魅力を世界に発信したい方、大歓迎★


応募方法: まずは以下の内容を下記メール宛にお送り下さい。
メールアドレス: info@hostelfujisan.com
氏名:
年齢:
性別:
住所:
電話番号(携帯可):
希望職種:
希望時期、期間:
顔写真をメールに添付

のちほど、こちらからメールでご連絡いたします。 

ホステル 冨士山 結
採用担当 大森  


【Help wanted!!】

Hello everyone!
We look for someone who can help us as a house keeper for free accommodation.

Here are details of contents as follows;

【Contents of duties】
Cleaning guest rooms, shared shower/bath rooms and common lounge etc…
【Working hours】10:00am~3:00pm(actual working hour : 4h)(holidays :8 days/month)
【Working period】minimum 2 weeks ~OK
【Pay】free accommodation.


Please send us e-mail with your resume if you’re interested in.

E-mail:info@hostelfujisan.com
TEL(international):(81)555-72-9898
TEL(domestic):0555-72-9898


We look forward to hearing from you!


Hostel Mt.Fuji YOU
Marino Omori
6月中旬にホステルをオープンして1ヶ月が経過しました。
最初はOTA(Online Travel Agency)と言われる集客サイトに
登録されていませんので予約ほとんど入りません。

最初はオープンした建物や部屋の写真を沢山撮って
OTAに登録することが仕事でした。

Agoda、Booking.Com, Expedia等に登録する作業を
進めて、6月中に登録が完了しました。

7月1日は富士山の山開きなので、これを機会に
宿泊予約が入り始めました。

7月8日は天気が良かったこともあり、当日予約が
重なって満室になりました。
また16日~18日の3連休もほぼ満室に近い状態で
予約が入り、ほっとしています。

これから梅雨明けし本格的な富士山登山シーズン
なると、ますます予約が入ると期待しております。

今日までに宿泊して頂いた人の国籍は20ヶ国になります。
日本、韓国、フランス、中国、アメリカ、ドイツ、イギリス
シンガポール、ポーランド、スペイン、ベルギー、台湾
タイ、香港、オーストラリア、カナダ、オーストリア、
マレーシア、ブラジル、ルーマニアの国の人達に
宿泊して頂きました。

ありがとうございます。
これからも頑張ります。

ではまた。
パルシェ
こんにちは。

6月11日にグランドオープンいたしました。



但し、インターネット上のOTAと言われる旅行客集客サイトに
まだほとんど載っていませんので予約はあまりありません。

IMG_1465.jpg

数日前から、Agodaに登録されました。Booking.com、Expedia、Hostel World
などのOTAに現在登録準備中です。
また、Air bnbに1部屋載せて様子を見ています。

IMG_1488.jpg

新規オープンから軌道に乗るまでは試行錯誤しながら
集客戦略を立てていきたいと思います。
夏は富士山北口にとって、最も観光客が集まるシーズンなので
上手に宣伝して波の乗りたいと思っております。

ではまた。
こんにちは。

保健所の検査で二段ベッドの下段から床までの高さが不足している
との指摘があり、修正して再検査が行われました。
それで予定より1週間ほど遅れましたが、6月8日にプレオープンいたします。

IMG_1246.jpg

6月は梅雨で観光客も少ないし、インターネットの集客サイトにま
だ載せていませんので、お客さんはほとんど来ないと予想しています。

IMG_1216r.jpg

しかし、この地域の特性上、7月の中旬以降から8月末まではフル操業
状態になると思いますので、スタートはゆっくりのんびり行きたいと思います。

IMG_1241r.jpg


「キャンプ場の隣にあるカフェ」風のラウンジを作っています。
そんな雰囲気にみえますか?

ではまた。
パルシェ


こんにちは。
5月5日こどもの日、富士山北口では御初申祭が毎年行われています。
地元では「お初ざる」と称してお祭りを楽しんでいます。

そんな吉日にホステル富士山・結に壁塗り隊が参上しました。
IMG_1069r.jpg
IMG_1067r.jpg
IMG_1075r.jpg
IMG_1072r.jpg
IMG_1079r.jpg
IMG_1081r.jpg

この壁塗り隊の仕事は丁寧で、早く、5時間ほどでロビーの塗り壁が出来上がってしまいました。
左官の塗り壁は深みが有って見ていて飽きない良さがあります。
この日、参加してくれた壁塗り隊に深く感謝いたします。
このホステルに訪れたゲストもきっとこの壁に感動することでしょう。
IMG_1086r.jpg

IMG_1089r.jpg

彼らのボランティア活動によって一日でロビーの壁が仕上がってしまいました。
本当にありがとうございました。
深く感謝しております。

ではまた。
パルシェ
こんにちは。



ホステルの壁塗りは、ある程度方向性が見えてきて
工程表どおりに進んでいますので、ロビーのインテリア
作りを始めています。

壁面に取り付けて、インフォメーションを掲示する黒板を
作りました。
この黒板は、マグネットをくっ付けて紙を掲示できるように
ベニヤ板の上に鉄粉の混ざったペイントを数回抜り重ね
て下地を作りました。

さらにこの板のでこぼこした面にパテを塗り込み乾燥させ
た面にサンドペーパを数種類掛けて最後に#320で仕上げ
平面を出して、最終仕上げの黒板用ペイントを塗ります。

黒板ペイントを塗っているのはホステル冨士山結の立ち上
げを応援するためタイのバンコクからボランティアで来て
くれたTさんです。

この黒板がホステルロビーに飾られてお客さんへの利便性
向上と、しゃれたインテリアとして雰囲気を盛り上げるグッヅ
として活躍する日はもうすぐです。

ではまた。
パルシェ
こんにちは。

ホステル富士山・結の開業まであと1ヶ月になりました。
外観はほぼ出来上がり、内装が着々と進んでいます。
ロビーの天井が貼られました。

IMG_1022r.jpg

天井の材料は富士山のヒノキで作った合板を貼ってもらいました。
もちろん規格はF☆☆☆☆のシックハウス症候群対策品日本製です。
塗料は天然素材で作った、オスモ・クリアフロアー3分つや(ドイツ製)です。



二階の部屋にドアーが着いていい雰囲気になってきました。
ドアはシンプソン社(アメリカ製)です。
このドアにもオスモ・クリアーを塗る予定です。

IMG_1021r.jpg

室内壁はセルフビルドで自分たちで塗っています。
材料はスイス漆喰でカビや細菌を寄せ付けないPh11です。
日本漆喰同様に湿度調整をしてくれますので部屋は何時も
さわやかの雰囲気が保たれます。
スイス漆喰を選んだ理由はローラーで塗れるので素人でも
容易に施工できるためです。


IMG_1018r.jpg

この連休中に壁を全て仕上げて、中旬からは二段ベッドの組み立てや
インテリアなどのホステルの雰囲気つくりになる予定です。

ではまた。
パルシェ

こんにちは



19日に足場が撤去されてホステル富士山・結の全体が見えるようになりました。
通りがかりの小学生に「かっこいい!」と声をかけられ、うれしかったです。

IMG_0941.jpg

塗装をしている女性はこのホステルを切り盛りするマネージャーの
M-OMORIです。
英語が堪能で、ゲストハウス運営を熟知し、世界一周の旅に1年間行って
3月に帰国しました。これからよろしくお願いいたします。

IMG_0927.jpg

ホステルの看板も目立つ位置に付きました。
これから6月オープンを目指して、内装関係をセルフビルドいたします。
我々はスモールホステル部門世界一を目指して努力することを誓います。

ではまた。
こんにちは。
ゲストハウスを開業する準備をする時にぶつかる問題の一つに
二段ベッドをどうするかという難問があります。



日本で販売されている二段ベッドの多くは子供用で、大人の外国人
で身長が2m近くあり体重が100㎏位以上ある人が眠れる二段ベッドは
まったく想定外ですから、いくらインターネットで検索しても見つかりません。

そこで、私はセミダブルサイズの大型二段ベッドを自作し、体の大きな人も
ゆっくりと安眠できるアコモデーションを提供することを決めました。

web上の手作り二段ベッドの作り方を参考にして、2×4材をホームセンター
で購入し、オークションで安く購入した角ノミ機でホゾ穴を加工します。

IMG_0682.jpg

凸のホゾはノコギリで切りますが、直角に切れるようにガイドや治具を、
ボランティアで駆けつけていただいた、元機械設計エンジニアの齋藤さん
が工夫してくれて、上手に加工が出来上がりました。

IMG_0691.jpg

そして出来上がったのがこの枠です。これは二段ベッドで寝る時の足側の壁面に
なります。これを2枚とこれの約2倍の長さの枠を2枚作ってビスで接合すれば
手作りの特製セミダブル二段ベッドの基本骨格が完成します。
(写真に写っている人はボランティアの齋藤さん)

完成したらブログにアップしますが、5月中旬までに、この手作りベッドを最低3台
製作する予定です。

二階の部屋のベッドは市販品で大人用ニ段ベッドが見つかったので購入しました。
サイズは通常のシングルサイズですが、しっかりした構造で眠り心地の良いベッド
だと思っております。

ではまた。
こんにちは。
防犯カメラを購入しました。



一度に8台同時に監視できるタイプです。
モニターはここにありませんがパソコン用のモニターで可能です。
モニターを壁に取り付けて、お客さんにも見えるように設置しようと思います。
これによってセキュリティーの高さを印象付けて、抑止効果と安心感を上げます。

屋外取付用カメラは赤外線なので夜間電燈が点いていなくても撮影できます。
レコーダーは3TBのハードディスクを内蔵し最大250日の録画が可能です。

これだけの機材を揃えてもインターネット購入で11万円でした。
設置は電気工事屋さんにお願いしてあります。

これでインターネット遠隔監視も可能ですしスマートフォンでの監視も可能です。
今後省力化に向けてチェックインの簡素化が必要と感じていますので
簡易宿泊所の法改正があれば民泊との絡みで受付カウンターの設置が緩和され
代わりに監視カメラの設置義務が生ずる可能性もあります。

北欧ではホテル無人化の方向に向かっていますし、長崎ハウステンボスの
変なホテルはロボットが受付していますので、ホステルも受付チェックインは
省力化になると思っています。

ちなみにホステル富士山・結の入口はオートロックで各部屋も施錠可能ですが
鍵は有りません。
従ってキーデポジット金を預かる必要もありませんし、紛失の心配もなく
チェックアウト時の鍵の引き取りは発生しないので、お客さんはそのまま帰って
良いことになります。
これで、チェックアウトの省力化になります。

ではまた。
パルシェ