上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。
ロゴマークを作ってみました。

ロゴ14

富士山北口上吉田は江戸時代から明治時代にかけて、富士講で多くの富士登山
者が宿泊してたいへん隆盛をきわめた町です。

富士講登山者が泊まる宿を御師(おし)の家といい、最盛期には80軒以上御師の
家があったようです。
それぞれの富士講には「マネキ」と呼ばれる旗のような物があって、それを宿泊す
る御師の家の玄関先に吊るして、宿泊している合図として奉納した言われています。

マネキ

大概のマネキは上に三峰の富士山を描きその下に富士講のリーダーである先達
さんのシンボルマークを配して講の名前を入れるデザインです。
現在収集されているマネキだけで400種類以上あるようです。

マネキとは、ようするにロゴマークですね、。
私もマネキと同じように富士山の下に注連縄を結び「結」の文字を入れてデザイン
してみました。

この地域で宿を開業するうえでは、このロゴマーク意外に思い浮かばなかったので
プロに依頼する必要はなかったのかもしれません。

三峰の富士山の下の注連縄は富士北口浅間神社の前に有る樹齢1000年の神木
に結ばれている注連縄をデザイン化しています。

photo58.jpg

また、結の文字は古事記に日本書紀に書かれている「ムスヒ」の神からヒントを
得て「結」と名付けていますが、全てが結ばれていて切り絵で切っても離れない
ようになっています。
ようするに「むすび」ですね。

皆の心が結ばれる宿を目指して開業しますので、その意味と願いを込めてデザイン
してみました。

ではまた。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hostelfujisan.blog.fc2.com/tb.php/34-80198785
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。