こんにちは。

今日はwin-win-winの関係について考えてみました。

DSC_0529.jpg


よくwin-winの関係と言いますが、会社対会社の取引においては、お互いにメリットのある取引関係などを指します。相互の利益が都合良いバランスで成立している場合や、これから相互が補完関係で成長が望める場合の表現としてwin-winの関係と称されます。
お客様は神様だとし、顧客満足を与えることによって会社が儲かることもwin-winの関係と言います。

また、個人的には「相手が幸せになれば、自分も幸せ」というような愛情表現の一つとしてwin-winの関係と表現することもあるようです。

最近では、win-winにもう一つwinを足して、win-win-winの関係あるいはトライアングルwinという表現が使われるようになりました。これは三方向良しの関係で、その事業に関わる双方の人だけでなく、その周辺に関係する人もメリットを得られる関係を表現しています。そして、このwin-win-winは好循環サイクルとしてその事業の方向性の正しさの証明であり、世の中に長く受け入れられる事業の基本的理念の根幹だと思います。

さて、それではホステルとかゲストハウスと言われているバックパッカー用の安宿についてのwin-win-winの関係について考えて見ましょう。

1.安くてどこよりも良質な寝室を提供することによって旅人は喜び、満足する。
2.従業員はホスピタリティーを提供し、よい評価を得ることによって働く場を
 確実なものにし働きがいのある職場としての誇りを得る。
3.旅人、従業員、地域の人々がイベントやパーティーなどミニ国際交流を開催
 することを通じて語学を習得したり相互の理解深め地域の文化の向上や発展に
寄与する。

その結果として旅人は、次の宿や知人を通じてそのホステルを紹介してくれるかも知れません。また口コミ等をとおしてホステルの評価が上がり、従業員はやりがいを得てさらに上のホスピタリティーを与えようと努力するでしょう。また地域の文化や伝統を知ってもらうためのイベントやパーティーあるいは展示会等を企画し更なる相互理解を進めるよう地域の人も努力するでしょう。

このようにwin-win-winの関係が成立し、さらに活動が進み何十年もこの関係が継続的発展を持続すれば、それは立派な文化となるでしょう。

ゲストハウス、ホステル開設にはそんなwin-win-winを築く楽しみがあります。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://hostelfujisan.blog.fc2.com/tb.php/8-5a1d520b