上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

  • Hostel冨士山 結ホームページ

  • 建築中のゲストハウスは基礎工事が始まったばかりで、完成予定は
    来年の5月末頃のです。
    ちょっと気が早いかもしれませんが春になれば内装関係のセルフビルドや
    2段ベッド作り、塗装等の仕事があり忙しくなりますので、今のうちに
    ホームページのプラットホームを作っておくことにしました。

    map01.png


    部屋の様子や価格はまだ書けないので地図とホステルの名前の由来を書い
    てあります。
    少しずつ周辺情報や富士山の写真、交通経路などを充実させて
    いきたいと思います。


    ではまた。


    こんにちは。

    12月も終盤になりましたが、二日ほど前から基礎工事が始まりました。
    今年の冬は暖冬なのか?暖かくて助かります。



    今日はクリスマスイヴですが、例年は雪が降ってホワイトクリスマス
    になることが多いのですが、今年は今のところ雪の予報は有りません。

    急いで基礎工事を進めて欲しいのですが、来週は年末になりますので
    正月明けの工事に期待することにします。

    IMG_1955.jpg

    写真は工事現場の後方から富士山を撮ったものです。
    二階建てで基礎を高く積んで貰うように要請しておりますので
    二階の窓からの富士山は絶景になると思います。

    写真では電線が邪魔に見えますが、ゲストハウスの建物は
    電線の向こう側に立ちますので邪魔にはなりません。
    どんな富士山が見られるのか今から楽しみです。

    ではまた。


    こんにちは。
    ロゴマークを作ってみました。

    ロゴ14

    富士山北口上吉田は江戸時代から明治時代にかけて、富士講で多くの富士登山
    者が宿泊してたいへん隆盛をきわめた町です。

    富士講登山者が泊まる宿を御師(おし)の家といい、最盛期には80軒以上御師の
    家があったようです。
    それぞれの富士講には「マネキ」と呼ばれる旗のような物があって、それを宿泊す
    る御師の家の玄関先に吊るして、宿泊している合図として奉納した言われています。

    マネキ

    大概のマネキは上に三峰の富士山を描きその下に富士講のリーダーである先達
    さんのシンボルマークを配して講の名前を入れるデザインです。
    現在収集されているマネキだけで400種類以上あるようです。

    マネキとは、ようするにロゴマークですね、。
    私もマネキと同じように富士山の下に注連縄を結び「結」の文字を入れてデザイン
    してみました。

    この地域で宿を開業するうえでは、このロゴマーク意外に思い浮かばなかったので
    プロに依頼する必要はなかったのかもしれません。

    三峰の富士山の下の注連縄は富士北口浅間神社の前に有る樹齢1000年の神木
    に結ばれている注連縄をデザイン化しています。

    photo58.jpg

    また、結の文字は古事記に日本書紀に書かれている「ムスヒ」の神からヒントを
    得て「結」と名付けていますが、全てが結ばれていて切り絵で切っても離れない
    ようになっています。
    ようするに「むすび」ですね。

    皆の心が結ばれる宿を目指して開業しますので、その意味と願いを込めてデザイン
    してみました。

    ではまた。



    こんにちは。
    地鎮祭を12月15日に執り行いました。



    銀行の融資が決まって、翌日早速工事開始の最初の行事であり
    工事期間中の安全と、建物の繁栄、地域の平和などを祈願して
    地鎮祭を執り行いました。

    雪が降る前に基礎の掘削工事を終わらせるために、大急ぎの行事でした。
    来年の6月には完成しプレオープンしたいと思います。

    富士山北口の7、8月は観光客が大勢来て大変な賑わいになるので
    宿が完全に不足する状態になることは予想できます。
    夏の本番前に練習を兼ねてオープンしないと、いきなり夏の繁忙期
    では初心者には厳しいと考えているからです。

    ではまた。

    2015.12.14 着工します。
    こんにちは。

    12月も中旬になり、富士山北口方面ではもうすぐ雪が降る季節となりました。
    ゲストハウスの建設は予定より3ヶ月ほど遅れてしまいましたが、いよいよ
    着工します。



    設計は出来ていて、建築確認申請も済んでいましたが、最終的な見積り
    が遅れて金額的に予算オーバーの部分をどのように削って予算に合せ込
    むかに手間取り金融機関との話し合いが終わったのが今日の午前中です。

    その場ですぐに元請業者と設計事務所に連絡を取ったら、明日午後、
    急遽地鎮祭を執り行うことになりました。

    これから、来年春に掛けて何かと忙しくなると思いますが頑張りたいと思います。

    IMG_1820.jpg

    それから、名前は「ホステル富士山 結」 「Hostel Mt. Fuji You」と
    名づけました。只今ロゴマーク製作中です。

    建築費用が莫大なので、余計な出費を抑えるために自分で出来ること
    は出来るだけ自分でやろうと思います。
    素人ぽさが出ると思いますが、それもまた味が有って良いと思い込む
    ことにしています。

    ではまた。

    こんにちは。
    今年の夏ジャンボジェットを改造したホステルに行ってきました。
    ストックホルムのアーランダ空港のすぐそばに設置した旧ボーイング747
    ジャンボジェット機を改造したユニークな宿泊施設です。
    名前は「STF Jumbo Stay Stockholm」と言います。

    DSC_1722.jpg

    機体の全部のドア正面に受付カウンターが有って、機体前部の通常
    ビジネスクラスシートが有る部分がラウンジ兼食堂になっています。

    DSC_1733.jpg

    通常エコノミークラスシートのある部分の座席を全て取り外し、中央に
    廊下を通して左右に部屋を作ってあります。

    DSC_1732.jpg

    この設計ですと通路に窓は有りませんので廊下は昼間でも暗いです。
    そこで人感センサーが沢山付けってあって、人が近づくとLEDランプが
    次から次へと点灯する仕組みになっていました。
    しかし、人が近づくといきなりパッとLEDランプが点くのはあまりいい感じ
    では有りませんでしたので、私のホステルで人感センサーを使用する
    場合はゆっくりとぼわーっと点灯するタイプを付けたいと思います。

    ツインの部屋は下がセミダブルで上がシングルの二段べっどになって
    いました。窓は航空機の窓がそのままついてます。

    DSC08383.jpg

    私が作るホステルはこんな感じの二段ベッドツインをメインにしたかったのですが
    山梨県の条例で簡易宿泊所の一部屋面積は7㎡以上と規定され、なんと旅館と
    同じ広さが規定されているのです。
    国の基準では4.5㎡以上ですが、山梨県は地方条例作るときうっかり間違えて
    今日まできているのかもしれません。
    しかし、条例を守らないと保健所の営業許可が下りませんので、規則は規則と
    割り切って、今回は7㎡以上の部屋にすることにしました。

    他県ではこんな厳しい規則にはなっていないと思いますので、二段ベッドの
    ツイン部屋も検討してみるといいと思いますよ。

    その他の設備はパソコンとアイロン台とドライヤーがコンパクトに
    まとめてありました。

    DSC08388.jpg

    また、洗面所は日本の民宿によくあるステンレス一体型でした(笑)

    DSC08390.jpg

    ではまた。


    こんにちは。

    新倉山浅間公園(地元では忠霊塔と呼んでいる)この五重塔からの富士山
    が最近人気になっています。

    特に、タイ人に人気があるらしく神社の絵馬はタイ語がいっぱいです。
    ときどき散歩に行くと、外国人のいない日は無く、西洋人の観光客も目に
    付くようになってきました。

    今年の6月に発売されたミシェラングリーンガイド(フランス語版)の表紙に
    採用されたのがきっかけか?フランス人もここに来るようになったようです。
    IMG_1734.jpg
    そのミシュラングリーンガイドの英語版が9月中旬に発売になりました。
    これから英語圏の人も、この新倉山浅間公園を目指してくることが
    予想されます。

    最近調べたところ、世界中で一番売れているガイドブック「ロンリープラネット」
    のLonely Planet's Best in Travel 2016 (2015年10月17日発売)
    の表紙をこの新倉山浅間公園が飾っているのです。
    10174-Lonely_Planet_s_Best_in_Travel_2016_Large.jpg

    bestintravel.jpg
    これは凄いことになってきました。
    この表紙の場所に是非行ってみたいと思う人が世界中には沢山いると
    思います。
    そして実際に来てみると、その絶景に感動しSNS等で仲間に感動を伝える
    のが目に浮かぶようです。

    私が建設予定のホステル富士山「結」もここから徒歩圏なのです。
    この素晴らしい景色と自然を大切にしいつまでも大勢の人に感動を与えられる
    ように持続発展可能な観光を作って行けるよう微力ながら努力したいと思います。

    ではまた。

    こんにちは。

    スウェーデンのストックホルムでHTL KUNGSGATANという立地が良くて
    値段の安いホテルに泊まりましたのでその様子を紹介します。

    DSC08072-1.jpg
    受付はセルフチェックイン方式で、デスクに埋め込まれたパソコンに自分の
    姓名を打ち込んでENTERを押すと部屋番号が映し出されます。
    次にカードキーの作製画面でキーの枚数を打ち込んでENTERを押し、右側に
    あらかじめ用意してあるキーカードを所定の場所に乗せるとキー情報が
    インプットされます。

    近くに係りの人がいて解らないところは助言してくれますが、作業は基本的に
    本人が行いチェックインする方式です。
    このホテルには、このようなセルフチェックインデスクが3台有りますが
    省力化が進んでいて、担当者は一人です。将来は無人チェックインも可能な
    方向に進んでいるように感じました。

    受付カウンターの近くにはSTOREが有って飲み物や食べ物を売っていました。
    1階に食事の出来るテーブルやソファーがあり夜はバーラウンジになるようです。

    DSC08071-1.jpg

    朝食もここで食べます。
    DSC08100-1.jpg

    朝食はバイキング方式で、生ジュース、焼き立てパン、ヨーグルト、食パン
    ハム、チーズ、生野菜、コーヒー、紅茶等が順番に並んでいます。
    DSC08068-1.jpg

    部屋はダブルベッドと椅子が1つ、サイドテーブルに貴重品入れが置いて
    あるだけの狭い部屋です。
    トイレとシャワーは部屋内に有りました。狭い部屋を有効に利用するため
    でしょうか、物を吊るすためのフックが沢山あるのと、コンセントが沢山有る
    のが印象的でした。

    部屋が狭いのでスーツケースなどの荷物はベッドの上で広げざるを得ま
    せんので、汚れ防止用のマットが用意されています。
    物価が高いスウェーデンではホテル代も高いので、こうした安価でコンパクト
    ながら様々な工夫を凝らした安ホテルも良いと思います。

    ゲストハウスと北欧の安ホテルをたして2で割ったような、新しいコンセプトの
    ホステルが作れたらいいと思っています。

    ではまた。
    こんにちは。

    富士山北口ゲストハウスプロジェクトは順調に進んでいて2016年春にオー
    プン予定です。

    建築設計事務所との打ち合わせも4回目を迎えました。
    その途中で、一部屋の面積を狭くし、4平方メートルほどの広さに二段ベッド
    1台のツイン部屋をメインにしたゲストハウスのアイデアが浮かびました。

    これは、北欧にある船の二段ベッドツイン部屋からヒントを得たものです。
    写真はストックホルムにある船のゲストハウスの室内です。



    このような二段ベッドツイン部屋がたくさん並んでいました。
    部屋の広さは4平方メートルくらいです。

    ところが、山梨県の旅館業法施工条例の簡易宿泊業施設の構造設備基準を
    調べると「一客室の床面積は、七平方メートル以上」とはっきり記されているの
    です。

    国の通達では「4.5平方メートル以上、(七平方メートル以上が望ましい)」と
    なっていますが山梨県は上記の望ましいを条例として規定してしまったのです。
    ちなみに東京都では3平方メートル以上と規定している区もあります。

    また、山梨県の一人当たりの客室有効面積は、一人につき1.6平方メートルと
    規定されておりますので、7平方メートルの部屋であれば二段ベッド二台の4人
    ドミトリーでも法律的には問題ないことになります。

    法律に則って合法の簡易宿泊所を新築することは、規制がいろいろあって大変
    ですが、合法で将来問題を起こさない安心な簡易宿泊所の建設を目指していま
    すので、富士山北口ゲストハウスは、部屋面積七平方メートル以上のツイン部屋
    をメインにして、最近流行のair-bnbと差別化し,よりホテルに近いホステルとし
    て設計する方針を決めました。

    これは、法律的に限りなく黒に近いグレーなair-bnbが雨後の竹の子のように発生
    している現状に危機感を持って一線を画すことを目指し良質で安価な宿泊所を求
    める旅人に、合法で安心な質の良い場所を提供することを目指しています。

    ではまた。




    こんにちは、パルシェです。

    DSC09395.jpg


    只今海外に長期出張中で、ブログ更新が進みませんが、ゲストハウスプロジェクトは進行中です。
    乞うご期待ください。

    ではまた。



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。